飛行機の座席確認方法はこちら

旧軽井沢KIKYO キュリオ・コレクションbyヒルトン宿泊記【ラウンジ・a table(ア・ターブル)での朝食など】

2020年8月下旬。

ヒルトングループの旧軽井沢KIKYO キュリオ・コレクションbyヒルトンに宿泊してきました。

今回はラウンジや大浴場、朝食の様子などをお届けしようと思います。

THE LOUNGE(ザ・ラウンジ)でのカクテルタイム

ホテル1階にあるTHE LOUNG(ザ・ラウンジ)では、ソフトドリンク・アルコール・軽食をいただくことができます。(ヒルトンオナーズ ダイヤモンド会員以外の方、宿泊をしない方は有料。1名につき3,000円・税サ別 1日ごと)

  • ラウンジ利用可能時間:17:00~19:45 (L.O)

窓側のこちらの席に通していただきました。

ラウンジ内の照明は落とし気味。大人の雰囲気漂っています。

こちらがTHE LOUNGEのメニュー。

フードメニューのお品はすべてワンプレートにして持ってきて下さるので、ドリンクだけ希望のものをスタッフさんに伝えてサーブいただくスタイル。

こちらに記載のフード、ドリンクはお代わり自由です。

メニューに載っているドリンクがカウンターに並んでいます。

こちらのカウンターにも並んでいますが、すべてメニューに記載されているものです。

おつまみの数々。これらもフードメニューに記載のものです。

運ばれてきました(お写真は2人分です)。

左上から時計回りに、

  • ケークサレ
  • オリーブのマリネ
  • グリッシーニ
  • ミックスナッツ
  • 焼き菓子
  • ドライパイナップル
  • レーズン
  • チーズ
  • ジャンボンブラン(ハム)のスライス

こちらは有料のメニュー。

信州峯村牛100%のパテを使ったKIKYOバーガー推しのようです。

ちょっと字が小さいですが、その他の有料メニュー。

こちらのメニューのグレープジュースには「コンコード」と「ナイヤガラ」の2種類があるのですが、コンコードがよく見る紫色のぶどうジュース、ナイヤガラは白ぶどうのジュースです。

お写真はコンコードのグレープジュース。この後ナイヤガラもお願いして飲み比べしましたが、どちらもぶどうが濃くてとってもおいしかったです。

ジムの様子

規模は小さいですが、地下にジムがあります。

誰もいないようなので中に入ってみます。

マシーン系は1台ずつ。最低限のものは揃っているという印象。

混雑状況がパネルで表示されるようになっています。

とはいえ、この規模ならこれがなくてもちょっと覗けば様子が分かりますね笑。

消毒液、タオル、ウォーターサーバーが備え付けられています。

サイレントスパ(大浴場)の様子

こちらのホテルにはサイレントスパという大浴場があります。

  • サイレントスパ 営業時間:6:00~10:00 / 15:00~24:00

2種類のお風呂があり、男女入れ替え制で夜と朝で違うお風呂が楽しめます。

大浴場の入口。

コロナ感染拡大予防対策のため、一度の最大利用人数を男女各5名までとしています。

更衣室のロッカーの鍵が5つしか準備されていないため、入室してロッカーに鍵がひとつも付いていなければすでに5名が利用されているということです。その場合は時間をおいて再チャレンジして下さい。

※17:00-18:00、21:00-22:00が混雑するのでこの時間帯はなるべく避けましょう。

入口には先ほどのジム同様、混雑状況を示す案内板があります。

ロッカールームにはハンドタオル、バスタオルが潤沢にストックされていますので、お部屋から持ってくる必要はありません。

サイレントスパへ行く際は、お部屋のクローゼット内に準備されていたこのスパバッグを利用すると便利ですよ。

なお、こちらお部屋からこのサイレントスパへの行き来はお部屋備え付けのパジャマ着用・黒スリッパ(使い捨てではない方のスリッパです)履きのままでOKなんだそうです。(地下1階のリラクゼーションエリアのみ)

誰もいなかったのでパウダールームの様子だけチラッと。

ダイソンのドライヤーがあるとちょっと嬉しいのは私だけでしょうか。

この時期、小物類が個装されているのはありがたいですね。

基礎化粧品もひと通りそろっています。La Casta(ラ・カスタ)というブランドのもの。

大浴場に備付けのシャンプーやボディーソープも同じブランドのもので、香りがとても良かったです。ホテルの1階ロビーでも販売しています。

a table(ア・ターブル)での朝食

  • 朝食の営業時間:7:00~9:30(L.O)

昨日の夜、カクテルタイムで利用した「THE LOUNG」の隣のエリアがa tale(ア・ターブル)の朝食会場になっています。

ホテルの中庭(苔庭)に面していて、ガラス張りのドアから見える緑がとても美しいです。

コロナ禍でビュッフェは休業中。

和食か洋食のセットメニューを選択します。私は洋食にしました。

シェフ手書きのメッセージ。

こういうおもてなし、ガッシリ心を掴まれます。

こちらはオブセ牛乳さんの牛乳。

オブセ牛乳さんは信州・小布施町(おぶせまち)で50年以上続く老舗。軽井沢のスーパーではこのオブセ牛乳を使った焼きドーナツやキャラメルなどをよく見かけます。

こちらはプチトマトのジュース。信州らしくリンゴジュースもありました。

ドリンクは自分で取りに行っても良いですが、基本的にスタッフさんにお願いすればサーブしていただけます。この時期、陳列されているものに触るのは少し抵抗あったり、うろうろするのは周囲にご迷惑かな?と思ったりしますよね。

こちらが洋食のセット。

なんでしょ、見ただけでも元気出ますよね。「おいしそう!」と声に出して言うタイプです(≧▽≦)

席からはホテルの中庭がこんな感じで見えます。

時期によっては中庭のテラス席も開放しているようなので、外でゆっくり朝食をいただくのも良いですね。軽井沢、すごく良い!!

お腹いっぱい!ごちそうさまでした!と思ったらデザートまで出てきました。

お食事内容もレストランの雰囲気も大満足。ここは再訪決定ですね。すごく好きです。

まとめ

旧軽井沢KIKYO キュリオ・コレクションのラウンジ、朝食の様子などをレポートしました。

全50室とさほど部屋数も多くないため、大型ホテルよりも静かでゆっくり過ごせると思います。

中庭は長い年数をかけて育てた美しい苔庭。このお庭を見ながらの朝食がとても良かったです。秋になると木々が紅葉し、また素敵な景色が望めそうなのでその頃に再訪したいですね。

旧軽井沢KIKYO キュリオ・コレクションbyヒルトン宿泊記【プレミアムツインルーム】