ヒルトン台北新板(ヒルトンタイペイシンバン)宿泊記【キングデラックススイート】

先週の週末、1泊2日で台湾に行って昨年秋にオープンしたヒルトン台北新板に宿泊してきました。オープンして日が浅いせいか宿泊記ブログがまだあまりないようなので、参考にしていただけるとうれしいです。


知らないうちに台湾にヒルトンがオープンしていた

日頃からヒルトンを贔屓にさせてもらっている私。旅のお仲間さん達に台湾旅行のお誘いをいただき、「台湾って確かヒルトンなかったよな。さてどこに泊まるかな」と検索してみたところ、なんとヒルトンがある!しかも2軒も!

  • ヒルトン台北新板
  • ダブルツリー by ヒルトン台北中山

いつの間に!?( ゚Д゚)

あちこち食べ歩きするなら中山のダブルツリーがアクセス良さそう♪と思ったのですが、調べてみたらヒルトン台北新板の方が安いやん!٩( ᐛ )وということで今回はヒルトン台北新板に宿泊してきました。

最寄駅は台湾最大の板橋(バンチャオ)駅

2018年秋、台北にオープンしたヒルトン台北新板(シンバン)。最寄駅は板橋駅。「いたばし」ではなく「バンチャオ」と読みます。板橋駅は台北中心地から少し離れていますが、台湾高速鉄道(通称、高鉄。新幹線ですね)や台北メトロ(MRT)が乗入れしている台湾で最も大きな駅です。板橋駅は台北駅から高鉄で7分、桃園駅から12分という便利な立地。この板橋駅から徒歩5分ほどの場所にヒルトン台北新板があります。

お部屋のカテゴリー

ざっと調べてみたところ、ヒルトン台北新板のお部屋のカテゴリー分けはこんな感じでした。

  • ゲストルーム(キング・ツイン:40㎡、トリプル:44㎡)
  • ゲストルーム ハイフロア(キング・ツイン:40㎡、トリプル:44㎡)
  • エグゼクティブルーム with ラウンジアクセス (40㎡)
  • デラックススイート(50㎡)
  • プレミアムスイート(71㎡)

「ゲストルーム」カテゴリーの中に「キングルーム」と「ツインルーム」に加え、「トリプルルーム」もありました。

私も先日コンラッドに3人で宿泊する機会があったのですが、3人だとツインルームにエキストラベッドを入れてもらうというパターンが多いですよね。誰がこのエキストラベッドで寝るのか、ひと悶着あったりしませんか?ジャンケンで決めたり、みんなで遠慮しあって「いいのよ!私がここで寝るから!」「いやいや、そんなわけにはいかないわ!私がエキストラベッドに!」とかいう不毛なやりとりが延々続いたり。どっちゃでもええわ!ってなったり。

トリプルルームなら3人でも揉めることなく、みんな平等に眠ることができます。ヒルトン台北新板にはゲストルーム、ゲストルーム(ハイフロア)どちらにもトリプルルームがあります。

ゲストルームからのアップグレード

今回も当然セールで一番下のカテゴリーを選択しようと思ったのですが、私がチェックしていた日はなぜか「ゲストルーム」より「ゲストルーム ハイフロア」の方が安い、という逆転現象が起きていたので迷わずこちらを予約しました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223150003j:plain

*ヒルトンアプリより抜粋

宿泊日の3日くらい前にヒルトンアプリを開いてみたところ、デラックススイートにアップグレード!(≧▽≦) これは期待が高まります!(とはいえ、台湾滞在中は予定びっちりでほとんどお部屋にいなかったんですけど笑)

f:id:miracle_nurumayu:20190223150015j:plain

*ヒルトンアプリより抜粋

ということで今回は2段階アップしていただきました。ありがとうございます!

  • ゲストルーム
  • ゲストルーム(ハイフロア)予約したお部屋
  • エグゼクティブルーム with ラウンジアクセス
  • デラックススイート    ←アップグレードされたお部屋
  • プレミアムスイート

板橋駅から徒歩でホテルへ

宿泊当日はお昼頃に台北桃園国際空港に到着。

まずはランチのため鼎泰豊本店へ向かったのですが、待ち時間が90分!まぁこれは想定の範囲内だったので、この待ち時間を利用してお仲間さんオススメの近くの足つぼマッサージへ。その後、鼎泰豊に戻ってランチ。SNS映えするかき氷屋さんでかき氷を食べ、美容院で台湾シャンプーしてもらって・・・というお仲間さんが考えてくれていた盛りだくさんメニューを順調にこなし、20時前にチェックインです。

板橋駅から徒歩でやってきました。外観の雰囲気はこんな感じ。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144610j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20190223144607j:plain

エントランスのドアをくぐると、正面に鹿?のオブジェ。春節仕様のデコレーションでしょうか。奥にはバーカウンターが。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144429j:plain

うん、きっと春節仕様ですね。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144602j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20190223144436j:plain

スイーツショップもあります。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144432j:plain

レセプションカウンターにてチェックインを済ませます。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144604j:plain

エレベーターホール。今回のお部屋は18階でした。18階はエグゼクティブフロアのようです。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144425j:plain

お部屋に向かいます

6階から31階までが客室。27階にエグゼクティブラウンジがあり、プールは屋上階にあります。エレベーターはルームキーをかざさないとボタンが反応しないシステム。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144422j:plain

18階に来ました。良い雰囲気です。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144145j:plain

本日のお部屋、1811。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144142j:plain

キングデラックススイート お部屋の様子

どんなお部屋でしょうか。ドアオープン!入室すると広めのリビング。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144136j:plain

テレビが大きかったです。寝る前にこれでYouTube見始めたせいで完全に寝不足。

f:id:miracle_nurumayu:20190223152910j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20190223144043j:plain

奥がベッドルーム。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144040j:plain

オットマンのある1人掛けソファとその奥に2人掛けくらいのサイズ感のソファ。サイドテーブルもありました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144038j:plain

座る時間がなかったのでチェックアウト前にちょっとだけ触っときました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144139j:plain

振り返って入口はこんな感じ。ドアの横に姿見がついています。

f:id:miracle_nurumayu:20190223144035j:plain

コーヒーメーカーやスナック類が置いてあるカウンターとラゲッジスペース。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143945j:plain

スナック類と会員特典の無料のお水。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143942j:plain

コーヒーメーカー。ラウンジアクセスが付いていると使う機会がなかなかありません。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143940j:plain

TWGのティーバッグもありました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143651j:plain

冷蔵庫の中はこんな感じ。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143648j:plain

ベッドルームの様子

f:id:miracle_nurumayu:20190223143645j:plain

足元にソファ。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143640j:plain

このソファでもうひとり寝れそうです。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143636j:plain

ベッドルームにもテレビ。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143546j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20190223143542j:plain

ピント合ってないですが、ベッドサイドにもお水。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143538j:plain

反対側のベッドサイドにはスイーツが置かれていました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143534j:plain

クローゼットが大きい。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143531j:plain

バスローブも入っています。ナイトウエアはありません。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143444j:plain

見慣れないものがクローゼットの中に・・・

f:id:miracle_nurumayu:20190223143440j:plain

防煙頭巾?火災に遭遇したら、ってことなんですかね。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143434j:plain

開封して被ってハイ完成。 ほんとにこれを被らなければならない状況になったら、グッ♬て言ってる場合ではないと思いますが、万が一に備えて一応使用方法は読んでおきました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143430j:plain

リビングに戻ります。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143426j:plain

テーブルにはウエルカムカード、ウエルカムスイーツとワイン。アルコールが全くダメなのでもったいないなぁ。フルーツも大盤振る舞いですね。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143346j:plain

サイドテーブル。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143343j:plain

エグゼクティブラウンジとエグゼクティブフロア特典の案内。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143340j:plain

案内には以下のことが記載されています。

<エグゼクティブラウンジの場所と営業時間>

27階。営業時間は6:30am ~ 10:00pm。

<エグゼクティブフロア宿泊特典>

  • 無料のスーツプレス
  • 市内通話無料
  • 靴磨きサービス
  • 到着時のウエルカムフルーツ

<エグゼクティブラウンジでの特典飲食>

  • 朝食ビュッフェ 6:30am~10:30am
  • イブニングカクテル 5:30pm~8:00pm
  • コーヒー、紅茶、軽食はラウンジ営業時間中いつでも利用可能

<エグゼクティブラウンジ その他のサービス>

  • 2:00pmまでのレイトチェックアウト(お部屋の空き状況による)
  • 空港からの送迎サービス 10%割引
  • エグゼクティブラウンジでの無線・有線インターネットアクセス
  • パーソナルチェックイン/ チェックアウトサービス
  • 1泊につき2時間までエグゼクティブラウンジボードルーム(会議室)利用可能。利用延長は1時間 / 2,500台湾ドル。(ボードルームの空き状況によるため事前予約を推奨。1部屋最大8名まで)

宿泊者のゲストやビジターのエグゼクティブラウンジ利用については以下の通り。

  • コンチネンタルブレックファースト 880台湾ドル+10%サービス料 / 1名
  • イブニングカクテル 750台湾ドル+10%サービス料 / 1名

あとは、ドレスコード有り、無料特典が利用できるのは登録済の宿泊者のみ、飲食物のラウンジ・テラス外への持ち出し禁止、12歳以下のお子様のラウンジ入室は必ず保護者同伴で、他のお客様の迷惑にならないよう配慮する、等。

が書かれています。

バスルームの様子

バスルームを覗いてみます。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143338j:plain

広い洗い場のあるお風呂。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143335j:plain

ダブルシンクの洗面台。

f:id:miracle_nurumayu:20190223150647j:plain

トイレもすけすけ。セクシー仕様。

f:id:miracle_nurumayu:20190223150705j:plain

お風呂は、

f:id:miracle_nurumayu:20190223143254j:plain

ゆったりバスタブ。ブックスタンドもありました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143251j:plain

レインシャワー付き。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143248j:plain

またピント合ってないですが、シャンプー、コンディショナーとボディーソープ。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143245j:plain

洗面台にハンドソープとマウスウォッシュ。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143243j:plain

ボディーローションはこちらに。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143204j:plain

歯ブラシ、クシ、カミソリ、シャワーキャップ、綿棒、コットン、裁縫キット。

必要なものは一通り揃っています。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143201j:plain

吹風機もあります。ドライヤーですね。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143157j:plain

怖い怖い体重計もあります!

f:id:miracle_nurumayu:20190223143154j:plain

18階のフロアマップ。今回宿泊したお部屋、キングデラックススイートは50㎡とのことですが、これを見るとどのお部屋も同じくらいの広さがありそう。スイートルームばかりのフロアなのでしょうか?

1819はさらに広いようなので、ここがプレミアムスイートのお部屋なのかもしれません。

f:id:miracle_nurumayu:20190223143151j:plain

まとめ

昨年秋にオープンしたばかりのヒルトン台北新板。設備も新しく、スタッフの皆さんもとても親切で快適な滞在でした。最寄駅の板橋駅も高鉄とMRTが乗り入れており大変便利。次回宿泊することがあればもう少しゆっくりしたいですね。

以上、ヒルトン台北新板キングデラックススイートのお部屋紹介でした。

屋上のプールがなかなかムーディで素敵だったのでまたレポートします!

f:id:miracle_nurumayu:20190223151138j:plain

最後までお読みいただきありがとうございました(*´▽`*)