おすすめの記事はこちら

ダブルツリー バイヒルトン台北中山 宿泊記【キングコーナールーム w/バルコニー】

6月に台湾へ遊びに行ってきました。今回はその訪台時に宿泊した、昨年オープンしたばかりのダブルツリー バイヒルトン台北中山(タイペイジョンシャン)の宿泊記です。

ダブルツリー バイヒルトン台北中山はMRT中山駅から徒歩3分とアクセス良好!

ダブルツリーバイヒルトン台北中山の最寄駅はMRT中山駅。台北駅のお隣りの駅になります。

2番出口から直進すると

徒歩2分のところにある大きな交差点から

見えました。奥のグレーのビルです。

ちょっとエントランスが奥まってて一瞬通り過ぎそうになりますが、便利な立地です。

昨年オープンしたばかり。ピカピカのロビーです

レセプションデスク前のロビーの様子。

右手のカウンターがフロントデスクです。

昨年オープンしたばかりの新築ピカピカホテル

ロビー奥にカフェがあります。

ウェルカムドリンクと称して、カードキーケースをお見せすると何でもお好きなドリンクを1杯いただけるとの事だったので炭酸水をいただきました。

エレベーターホール。

それではお部屋に参りましょう。

今回のお部屋は15階です。

到着。

一番奥、突き当たりにある左手のお部屋。

1502です。

キングコーナールーム with バルコニーのお部屋

お邪魔します。

今回も一番下のカテゴリーのお部屋を予約していたのですが、バルコニーの付いた「キングコーナールーム withバルコニー」というカテゴリーのお部屋にUGしていただきました。(お隣りの1501のお部屋が気になります…)

クローゼットの中はこんな感じ。ドア横に大きな姿見あり。

コーヒーメーカーなどが設置されているカウンターと洗面台がひとつになっているという変わった造り。このパターンは初めてみました。

特典の無料のお水もあり。

こちらは歯ブラシやコーム類。石鹸とマウスウォッシュ。

クラブツリー&イヴリンのアメニティ。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローションです。

冷蔵庫の中には無料の飲み物が。ビール、コーラ、お水とお茶でした。

セーフティボックスとランドリーバッグ。  タオル類とドライヤー。

紅茶はTWG。うれしい(о´∀`о)        グラス類はその下に。

バスルーム

バスルームのドアが何だか重厚なんです。

中は至って普通ですけども。

これは私の好きなタイプのやつです。レインシャワーとハンドシャワーが分かりやすいボタン式。ハンドル切り替え式だと、最初にお水出す時に「どっち?!上から?!手元から??」てオタオタします。

ここにもシャンプー類。

思いっきり足を伸ばせるゆったりバスタブ。

レインシャワー。

ベッドまわり

お部屋に戻ります。

キングサイズのベッド。

こちらにもお水。お腹タプタプになりますね。

ベッドサイドは左右どちらにもコンセントとUSBポートがあります。

バルコニーは施錠されています。解錠はフロントデスクにお願いしましょう

コーナールームなので窓が2面あります。バルコニーに出てみましょう。

と思ったら施錠されていました。フロントデスクにお願いすれば解錠してもらえるようですが、外は暑いですし、特別眺望が良いわけでもないのでそのままにしておきました。

一応こんな感じです。緑もあって良い感じ。ビルビューです。笑

お部屋内部その他

ベッド横にひとり掛けのオットマン付きチェアー。座り心地良かったです。

コーナーテーブルには

何だか色々置いて下さっています。ウェルカムドリンク(?!)のコーラとフルーツ、スイーツです。

メモ。ホテルのボールペンフェチです(ダレトク情報)。

ウェルカムスイーツは落雁のようなお菓子でした。

新しいホテルはコンセントやUSBポートがたくさんあって、お腹空いてる電子機器が一気に充電できるので助かります。

入口に向かうとこんな感じ。

お風呂がすけすけ…(//∇//)

恥ずかしいので目隠ししておきましょうね。

バスルーム横にトイレ。ウォシュレット付きです。漢字の表記がちょっと面白い。

旅行中は絶対に載らないヘルスメーターもありました。怖い怖い。

まとめ:ダブルツリーバイヒルトン台北中山はアクセス良し、スタッフ良しのお勧めホテルです!

ということで、昨年オープンしたばかりのダブルツリー バイヒルトン台北中山のお部屋の様子でした。

台北駅からひと駅、台北市内の中で最も賑やかな街のひとつとも言われている中山駅から徒歩3分とアクセス抜群。徒歩圏内にデパートやレストランもあり、大変便利な立地。

スタッフの方とも何度かお話ししましたが、皆さんとても親切ですぐに顔と名前と覚えて下さり、次回の訪台時もまた利用したいホテルとなりました。