飛行機の座席確認方法はこちら

日本最南端の有人島、波照間島に行ってきました。ペンション最南端宿泊記

首都圏の緊急事態宣言発令、その後さらに延長が決まり延び延びになっていましたが、解除になった2021年4月上旬に日本最南端の有人島である波照間島へ行ってきました。

今回はその波照間島で2泊したペンション最南端さんのレポをお届けしようと思います。

波照間島ってどこにある?

沖縄県の八重山諸島にある波照間島。

石垣島の離島ターミナルからフェリーに乗って1時間半ほどで行くことができます。

波照間島といえば海。「ハテルマブルー」と呼ばれる真っ青な海に囲まれた自然豊かな島です。

こちらは波照間島のメインビーチ、ニシ浜。鮮やかなエメラルドグリーンが眩しい!

島を散策していると島民より牛やヤギを見かけます。

Choo Choo Train風に(古っ)こちらの様子を伺うヤギたち。

ペンション最南端について

今回お世話になったペンション最南端さんは、波照間島のメインビーチであるニシ浜の目の前の高台にあります。

お部屋は全12室

1階和室(8畳)4室
2階洋室(8畳)7室シングルベッド1台 × セミダブルベッド1台
2階洋室(12畳)1室セミダブルベッド2台

※眺望が良い2階のお部屋が人気です。

1泊2食付・大人1名の料金(税込)
1階和室(8畳)9,000円大人1~2名まで
2階洋室(8畳)10,000円大人1~3名まで
2階洋室(12畳)12,500円大人1~2名まで

※和室・洋室とも小学生半額、幼児無料(添い寝)

チェックイン:14:00 /  チェックアウト:10:00 全室禁煙。

ペンション最南端の館内をご紹介

石垣島の離島フェリーターミナルから約1時間半で波照間島入り。

宿泊予定日の2日前までに宿へ波照間港の到着予定時間を連絡しておくと、スタッフさんが波照間港の旅客ターミナルまで迎えに来てくれます。

港からペンションまでは車で5分もかかりません。フェリーを降りてからあっという間に到着です。

良い天気ーーー!海の色すごいーーー!( ;∀;)

ロビー 兼 食堂

ペンション最南端さんに到着して一番最初に通されたのがこちらのロビー、兼 食堂。

窓から見えるニシ浜の色すごい。

コロナ感染拡大予防に関する注意事項や館内の施設、ルールについて説明を受けました。

ニシ浜気になってしゃーない。

こちらがレセプションデスク。波照間グッズも販売しています。

掲示板には、島内の食事処や車や自転車のレンタルショップ、オプショナルツアーなどの情報が満載。

私はこの掲示板を見て、翌日の星空観測ツアーを申し込みました。

波照間島の幻の泡盛、『泡波』のボトルがズラリ。こちらは売り物ではなくお客様のもののようです。コロナ禍でなければ、島民の皆さんが食事しに来られるんでしょうか。

ペンション最南端の住人たち

宿には2匹の住人がいます。こちらはヤギのココちゃん(♀)。

一見おとなしそうですが、なかなかやんちゃで好奇心旺盛なココちゃん。

何でも食べてしまうので、要注意。

そしてこちらが、看板猫ののび太くん(♂)。大変おとなしくシャイな子です。

この日で島を離れるゲストさん達に挨拶するため、お昼寝中のところを起こされ、むりやり食堂に連れて来られたのび太氏。まだ寝ぼけているご様子。

チェックインは14時

私は石垣⇒波照間の朝イチ便のフェリーで来島したので、この時間ではまだお部屋が準備できていないとのこと。

一旦荷物だけ宿に置かせていただき、レンタルバイクで島内を散策して、14時頃にチェックイン。ウミガメのキーチェーンが付いたお部屋の鍵がかわいい♬

お部屋(2階洋室)の様子

それではお部屋をご案内します。

今回私が宿泊したのは2階の洋室。1階のお部屋よりも眺望が良いので、2階から予約が埋まっていきます。

館内はエレベーターがなく階段のみ。大きいスーツケースを運ぶのが結構キツかったです。

207号室のお部屋。入口のドアを開けたらこの景色!!!ニシ浜がすぐそこに見えます。

これは「わぁぁぁぁ!!!」って声出ますよね。(色彩補正していません)

シングルベッド1台とセミダブルベッド1台が設置されている8畳のお部屋。

大きいスーツケースを開けても問題なし。

この状況、とりあえずバルコニーに出ますよね。

これ、最高じゃないですか??(*’▽’)

朝はここでニシ浜を見ながらコーヒーをすすり、ボーっとするのが至福の時間でした。

お部屋の備品類をチェックしていきましょう。

電気ケトルとお茶のパック、湯飲み。風量充分のドライヤー。小さい冷蔵庫。

なかなかレトロなドレッサー。

クローゼットの中にはスリッパと予備の毛布。ナイトウエアの準備がないので持参する必要あり。

全室禁煙バルコニーでの喫煙も✖。館内には喫煙所が数ヶ所設けられています。

バスルームの様子

宿自体はそれなりに年季が入っていますが、水回りはリノベーションされているようで古さは全く感じません。シャワーカーテンも新しくて綺麗です。

バスタブもありますよ。

アメニティは歯ブラシ、T字カミソリ、コットン、綿棒。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープが置かれていました。

屋上からの景色が素晴らしい

2階からさらに階段をのぼると屋上に出られます。ここからの眺めが絶景!

ペンション最南端さんに宿泊すれば、こんな景色を独り占めできます。

好きな飲み物を持って屋上に上がり、ニシ浜に沈んでいく夕陽を眺める。

最高やろ!!(≧▽≦)

ニシ浜は日が落ちてもこの色。言葉が出ません。

波照間島では満天の星空を見ることができます。波照間といえば南十字星ですよね。

ペンション最南端さんの屋上は常時開放されているので、夜は天体観測ができますよ♬

街灯が一切なく辺りが真っ暗なので、見える星の数が半端ないです!

※時期によってはお隣りにあるさとうきびの製糖工場が24時間稼働するため、その明かりが少しだけ邪魔をすることも。

中庭から見えるニシ浜。

同じく中庭から見たニシ浜の夕暮れ。本当に綺麗でした。

ペンション最南端での食事

ペンション最南端さんは朝食・夕食付。朝食は8時から、夕食は18時45分から。

1階の食堂で、部屋番号のプレートが置かれたテーブルに着席し静かにいただきます。

(座席はしっかりソーシャルディスタンシングに配慮されており、他の宿泊客の方たちも皆さんとても静かにお食事されていました。)

初日の夕食。メインはサワラのカルパッチョと豚の生姜焼き。

ごはんとお味噌汁はお替り自由です。

2日目の朝食。

2日目の夕食。豚三枚肉の煮つけとサワラのお刺身がメイン。

食事はどれもおいしいですし、バランスも良いので満足できます。

3日目の朝食。4食しっかり完食しました。ごちそうさまでした♬

追加料金を支払えばアルコールやソフトドリンクのオーダーも可能。幻の泡盛、『泡波』もいただけます。

お部屋への持ち込みもOK。

その他のサービス・設備

レンタサイクル

滞在期間中、1台500円(税込)で乗り放題です。

ペンション前の駐車場に自転車が並んでいるので、お好きなのをどうぞ。

但し、電動自転車の取り扱いはないので、必要な方は島内のレンタサイクル屋さんで借りましょう。

海から上がって直接アクセスできるシャワー室あり(1階

チェックイン前やチェックアウト後でも、こちらでシャワーを浴びることができます。

コインランドリー

1階に洗濯機・乾燥機がそれぞれ2台ずつあります。

  • 洗濯機 200円 / 1回(洗剤自動投入型ではないですが、備付けの洗剤を無料で使用できます)
  • 乾燥機 100円 / 30分

ペンション2階のテラスや1階に洗濯物を干すスペースもたっぷりあります。

ペンション入口には自動販売機。

ペンション周辺には飲食店等何もないので、この自販機の存在は大きいです笑。

ビーチタオル無料貸し出し

滞在中は、ビーチ専用タオルを無料で借りることができます。

まとめ

波照間島のメインビーチ、ニシ浜の目の前という素晴らしい立地のペンション最南端さんの宿泊レポでした。

とにかくお部屋からの眺めが素晴らしい!お部屋も綺麗ですし、スタッフの皆さんもとても親切にして下さいました。絶対に再訪したい宿です。

最終日も港まで車で送ってもらえます。

スタッフさん達がペンション前でお見送り。

ありがとうございました!また来まーす!!

のび太氏も見送りありがとうww🤣🤣🤣

ペンション最南端の予約方法

※宿泊予約の受付は電話のみ。0980-85-8686 

予約受付開始日:宿泊希望日の3ヶ月前の1日から

受付時間:毎月1日は 8:45~17:00まで、それ以外は 9:00~17:00まで。