ぬるまゆのぬるっと飛行機旅

近場の海外旅行、ビーチリゾート、ダイビング、グルメをこよなく愛するOLのブログ。飛行機・ホテル・旅先のグルメ情報などについて書いてます。

ヒルトン台北新板(ヒルトンタイペイシンバン)宿泊記【プールの様子】

2月の週末に台湾へ行ってきました。

宿泊先は2018年秋にオープンしたヒルトン台北新板。夜にちらっと覗いたプールエリアがなんともムーディだったので、ちょこっとだけご紹介します。 

f:id:miracle_nurumayu:20190223224316j:plain

目次

 

宿泊前にヒルトン台北新板がどんな感じなのかを予習したくてネットで宿泊記を探していたところ、どなたかのブログに掲載されていたこちらのプールのお写真がとても印象的だったので、とりあえず覗いてきました!

f:id:miracle_nurumayu:20190223225845j:plain

ヒルトン台北新板のプールについて

こちらのプールですが、ヒルトンの公式サイトを見ても全く詳細が記載されていないんですよね。なのでホテルのスタッフに直接お尋ねしてみたところ、こちらが聞いていないことまでご丁寧にあれこれ教えて下さいました♬(*´▽`*)

 

プールの大きさ:長さ33m × 幅8m × 深さ1.2m
水温:     年間通して日照状況による。つまり温水ではなく水のプールです!ご注意下さい。
営業時間:   7:00-21:00 (年中無休)
場所:     ヒルトン台北新板屋上階 (32F)

 

なお、こちらのプール、隣接するシーザーパークホテル新板との共同施設だそうです。

それでは早速行ってみましょう!

プールのある32階へ向かいます

私が乗ったエレベーターにはボタンが31階までしかなかったのでとりあえず31階まで上がります。31階に到着すると目の前に日本語の記載もある案内板が。「プールとフィットネスセンターをご利用の方はカードキーをセンサーにかざして《R》というボタンを押して下さい」と書かれています。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225700j:plain

センサー・・・?

隣を見ると壁にはこのような案内。ん?ここは31階。プールもこの階にあるのかしら?32階じゃないの・・・?

f:id:miracle_nurumayu:20190223225843j:plain

このフロアをしばらくウロウロしてたのですが、やはりこのフロアにはプールらしきものはなさそう。

エレベーターホールに戻ってきて、さっき乗ってきたエレベーターの向かいに設置されているエレベーターをよく見てみると、「プール / ジム」って書いてあるボタンがある!これだな?それにしてもセンサーどこ?ボタンに何やら黒いしるしがついているけど、もしやこれがセンサー?周りをキョロキョロ確認しながら、そーっとこのボタンにルームキーをかざしてみる・・・。けど何も起こらない( ̄▽ ̄) ハズイ。Rボタンどこ・・・

f:id:miracle_nurumayu:20190223225840j:plain

しばらく待ってたらエレベーター到着。恐る恐る乗り込んでみると、Rボタン発見!

「エレベーターの中のボタンの話やったんかい!!それならそうと『エレベーター内のRボタンを・・・』って明記しといてよー!」と思って、のちほど案内板を再確認したら、英語表記には「エレベーターのRボタンを」ってちゃんと書かれていました・・・( ̄▽ ̄) 

f:id:miracle_nurumayu:20190223225652j:plain

もっかい言いますけど、この案内表示だとプールはこの31階フロアにあるように見えません?( ;∀;) なかなかトリッキーやで。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225843j:plain

開放感のあるプールエリアの様子

何はともあれ秘密のR階(32階)に到着!屋上階になります。完全に屋外ですが・・・

わお。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225538j:plain

わおわお。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225535j:plain

ムーーーーディーーー!(゚∀゚)

f:id:miracle_nurumayu:20190223225532j:plain

誰もいません。ロマンチックなプールを独り占めです♬

f:id:miracle_nurumayu:20190223225529j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20190223225526j:plain

ちょっとだけプライバシーが守れそうなソファもあります。

なんか良いですね♡(・∀・)

f:id:miracle_nurumayu:20190223225300j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20190223225253j:plain

台北の夜景も見えます。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225234j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20190223225149j:plain

シャワーブースもありました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225024j:plain

奥にはソファやテーブルセットのエリアが。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225020j:plain

ちょっとボケてますが、リゾート感ありますね。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225016j:plain

実際にここまで足を運んでみると、入口で見た感じより結構奥行きのある造りになっていることが分かります。

f:id:miracle_nurumayu:20190223225013j:plain

バーカウンターを発見。プールサイドバーがあるんですね。ちなみにこのプールサイドバーのオーナーはヒルトンではなくシーザーパークホテル。よって、ヒルトンの宿泊者はドリンク代をお部屋づけにすることができず、その場で精算する必要があるようです。

シーザーパークホテルの公式サイトによると、こちらのプールサイドバーの営業時間は14時~22時。但し冬季の間(1/1~2/28)は休業とのこと。この情報が正しければ今月から営業再開となるはずですが、私が訪問したのは休業中の2月だったので、実際にプールサイドバーがすでに営業しているのかどうかまでは確認できていません。

3月にウキウキでこちらに訪れて「閉まってんじゃないかよー!ぬるまゆコノヤロー!」って言われても責任持てませんのであしからず(*´Д`)

f:id:miracle_nurumayu:20190223224329j:plain

先ほどもお伝えしましたが、このエリアは完全に屋外。屋根はありません。そしてプールは温水ではなく水です。台湾と言えどもまだ2月。夜は割と冷えます。屋外の水プール、そりゃこの時期誰も泳いでないわけです(*´Д`) でもその分、夏場は開放的で気持ちよさそうですよ♪

f:id:miracle_nurumayu:20190223224326j:plain

ちょっとだけジムの様子も

プールの隣にはジムがありました。

f:id:miracle_nurumayu:20190223224323j:plain

マッチョなメンズの方々がトレーニングに励んでおられました。こういうホテルのジムエリアを覗きに来るといつも思うのが、ホテルのジムでマジトレーニングしているのってたいてい欧米の方ですよね。日本人ってあんまり見かけないかも。

私のかつての上司(外国人)にも、海外出張時は夜に到着しても時差ボケで眠れないからホテルのジムに行くって人がいました。普段から身体を動かすことが習慣づいている方って尊敬します。

f:id:miracle_nurumayu:20190223224320j:plain

まとめ

ということで、レポートというよりは完全に通りがかりの人でしたが、ヒルトン台北新板のプールとジムエリアの「サラッと紹介」でした。

 

繰り返しになりますが、以下注意点です。

・プールはシーザーパークホテルとの共同施設である

・温水プールではありません。水です!

・プールサイドバーの所有者はシーザーパークホテル。よってヒルトン宿泊者がバーを利用する際はその場でお会計を済ませる必要有り(お部屋付け不可)。

・プールの営業時間は7時~21時(無休)

・プールサイドバーの営業時間は14時~22時(1/1~2/28の冬季期間は休業)

 

ライトアップされているプールエリアは、ぼーっと眺めているだけでもきれいで雰囲気も良いので、カップルには特に良さそうですよ(*´▽`*)

f:id:miracle_nurumayu:20190223224316j:plain

最後まで読んでいただきありがとうございました!